ご来院のみなさまへ

新型コロナウイルスによる感染症の感染拡大により、緊急事態宣言が出されました。

当院では、営業自粛に当てはまるかどうかについては当然ですが行政の方針に従って参りますが、今現在の報道でははっきりとした方針が出ていません。業種の選定に時間がかかっているようです。

*4月18日(土)追記・・・現在、鍼灸院等の治療院は、社会生活を維持する上で必要な施設という位置づけになっています。

したがって、私個人としての考えになってしまいますが、営業についての現時点での方針をお知らせいたします。

この一ヶ月、新型コロナウイルスの感染状況や医療状況など情報収集しながら、

人と接する仕事である「施術」の、このような状況の中での意義を考えてきました。

現時点では、行政の方針にしたがって十分に対策をとった上で営業を続けることが最善であると考えていますので通常営業いたします。

ただし、今後、一旦営業を自粛して自分も外出自粛することが最善となるかもしれません。

引き続き状況をみながら、柔軟に迅速に判断していきたいと思います。

まず、「3密(密集・密閉・密接)」の条件についてですが、

人数は私一人で行っていますので、施術中は私と患者さんのみになります。

予約制ですので、待合室が多人数で埋まるということもありません。

次の患者さんとはすれ違う程度です。

また、換気については、

以前からですが空気が滞ってこもっている状態が基本的に嫌なので、

空気の入れ替えはまめにしていましたし24時間換気扇を回していました。

いまは、窓や非常口ドアなどは営業時は常時開放、

定期的な空気入れ替え、

換気扇も変わらず回し続けています。

消毒関連についてですが、私は当然ながら毎回施術前後に手洗い消毒、

患者さんにも施術前後に手洗い消毒をお願いしています。

マスクについても、私は常時していますが、患者さんにも施術中の着用をお願いしています。

会話については、ある程度は施術に必要な要素でもあります。

基本的に、全身を見ればバランスの悪さや滞っているところはわかりますし、

そういう意味では「無言」で施術はできなくもありません。

ただ、会話の中で、その原因となっている習慣や、

ストレスの原因などが見えてくることも事実で、

それにより、生活習慣見直しのアドバイス等もできます。

会話に関してはお互いにマスク着用のもと、という条件になりますので

リスクはかなり減らせることができている、といまのところ考えています。

それから、不要不急にあてはまるかどうか、についてですが、

ある程度健康を取り戻し、定期的にメンテナンスとして利用されている方については、

確かに「急を要する用事」にあてはまらない、と思いますし、

無症状で感染を拡げてしまう恐れがあるといわれていますので、

「いまのところ体調に不安はない」

という方はできる限り外出を減らすことが重要だと思います。

一方で、

ぎっくり腰になってしまった、

寝違えてしまった、

捻挫や肉離れをしてしまった、

あるいは、

不安や考えごとで夜眠れない、

気持ちがどうしても落ち着かない、

このようなときには、

今のような状況だからこそ、きちんと施術し回復させるべきと思います。

ストレス下では免疫力は下がりますし、

「快食快眠快便」が健康の基本です。

それに問題がある場合は体力も消耗し、

結果的に、体の不調につながってしまいます。免疫力も落ちてしまうでしょう。

ただし、風邪症状がある方は来院はしばらく様子をみてから、とお願いしています。

新型コロナウイルス感染症を疑うべき症状の目安がありますので

もし当てはまる場合には、まずは各自治体の相談窓口(コールセンター)に相談ください。

横浜市のサイトですがどの自治体も目安は同じです、参考にリンクを貼っておきます。

・新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口について【横浜市

今回の新型コロナウイルスは、

急激な感染拡大を抑えても、治療薬やワクチンの開発はまだまだ先になりますので

楽観的にみても数ヶ月は続く長期戦になると言われています。

そういった状況だからこそ、

長い目でみて日々を元気に過ごしていく、健康を維持していくことが重要になってくると思います。

いち治療家として出来ることは限られているかもしれませんが、

最善を尽くしていきたいと思っております。

来院に関してのご相談や

その他、自宅で健康維持や症状を改善できるアドバイスなどの

健康相談もLINEやお電話・メールでお受けいたしますので

お気軽にご連絡ください。

*当院に来院された方限定とさせていただきます。ご了承ください。

友だち追加はこちらからどうぞ↓

友だち追加

SOU鷲田伸二